レガートを綺麗に鳴らしたい。

最近、個人レッスンで先生にお願いしているのは、レガートを見てくれませんか?ということです。クラリネットの場合は解放付近からシ以上に跳躍するときにキーをほとんど閉じる指が必要で、結構難しく感じています。私の場合、左手親指でレジスタを押すスピードが遅いのでレガートに滑らかさが無いそうです。これが遅いと楽器の抵抗が大きくなり、息の滑らかさが途絶えるので、繋がらないんですよ、と注意されました(^_^;) なかなかうまくできなくてモヤモヤしています。跳躍した音が突然大きな音になる原因でもあります。仲田先生にも毎回注意されるところですね…
a molのエチュードを使って、凸凹した音をださないように息に注意を払う、という課題を出されています。
同じグレードの楽器なのに、先生と自分はものすごい差がありますねー。こう演奏したいのだけど、どうしたらいかな?と考えながら練習を重ねてきた先生と、明確な目的も無く、ただ時間と繰り返し回数だけを重ねてきた自分の差ですね。

ところで、最近、録音機の調子が悪いみたいで、時々、右の音が途切れますね。これは大変だ、新しいのを買わなくては!って感じですので、D100を買います(^_^)

そんなわけなので、家族には内緒ということで、お願いいたします。言わないでね!
形がほとんど同じなので気がつかないはずだ…

Posted from するぷろ for iPhone.

カテゴリー: 楽器関連の話題 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。