やな予感が正しかった

充電電流はプログラマブルやん

怪しい充電用基板に載っているICの型番を調べてみた。セカンドソースらしいので、とりあえずリニアテクノロジーのサイトでデータシートを確認したら、充電電流は外付け抵抗で設定する、スタンダードなICでしたね。。小容量のリチウムイオン電池だと発火のリスクがありましたね。1000mAh以上の電池と組み合わせて使うなら大丈夫でしょう。

そういうことであれば、表面実装の抵抗を外して、電池に合わせて計算した抵抗値に交換してやればいいのです。これで安心して使えるで

こういうの使って夏休みの工作などに取り組むチャレンジャーは、億劫がらずにデータシートをチェックすることです。

リチウムイオン電池は本当にシャレにならんよ?(^_^;)

カテゴリー: 役に立つ情報 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。