スピーカーの扱いは簡単ではなかった。。

こんにちは、自社、文京ウインド1の物好きです

最近、特殊な事情により、特殊な用途の拡声器を作ることになってしまい、さてどうしたもんかな。。と悩んでいるところだ。だいたい電池込みでタバコの箱のサイズで、というのがやっかいで、使えるスピーカーユニットが限定されるのです。。アキハバラで適当に何種類か買ってみたけど、どれも音質が気に入らなくて。

コンデンサマイクと電気回路は、プリアンプにOPアンプを使って、メインには専用ICを使って、BTL接続でスピーカーを鳴らす縦横2cmくらいの2W出力の基板ができた。この方面は自称、専門だから問題ない

でも、肝心のスピーカー探しを後回しにしてしまい、意外に使えるものがないぞ。。というわけだ

そしたら、超一流のスピーカー製造で有名なFOSTEXさんが、意図する用途にズバリ合う特性に調整済みの試作品を作ってくれて、それを使ってみたら凄く良かった!

スピーカー屋さんが本気だすとこんなに凄いのか。。と驚いた!

しかし、今度はエンクロージャにいれると密閉ゆえに、音がやや籠る。これは箱のなかの空気がバネになってしまい、コーンの動きを邪魔しているんだね。

ゆえに、小さな穴をあければ良いのですがどのくらいのサイズの穴をどこにあけるのが適切だろうか?、で悩んでますw

わたしのカンでは、直径3mm程度のあなを背面に開けろ、と言っていますがww

理論的な裏付けが欲しいので本読んでます。。

カテゴリー: 未分類 | コメントする

リガチャで音がどう変わるのか?を知りたい

こんばんは、お久しぶりの文京ウインドです

クラリネットってリガチャを代えると音が変化して面白いのですが、実際のところ、どのような変化が起きているんだ?と思いますよね?

測定してみました(*^o^)/\(^-^*)

左から 普段使っているKODAMA2(石森)、MOMO(アトリエモモ)、JLVです

マウスピース BD5(ヴァンドレン)
楽器 プレスティージュ(Crampon)
リード レジェール(ヨーロピアンカット3-1/4)
録音 PCM-D100(SONY) 44.1kHz,16bit
5つの音を出しています(B→F→C→A→B)

・満遍なく安定してハーモニクスが出ている KODAMA2
・2400Hz以上ではモーニクスが減衰しているMOMO
・全部閉じる運指のAでハーモニクスが鳴っていないJLV

という結果でした。

金属製のリガチャよりも皮+木片で構成されたKODAMA2の方が倍音が豊かに鳴っているのが意外でした。普通、逆になると思っていました。

それと、クラリネットは閉管構造なので、理論的には第2倍音がほとんど鳴らないはずですがうっすらと出ていました。

音のパワーを度外視すると、どれもピアノの88鍵盤の一番右の最高音あたりまでハーモニクスが出ています。こんなに出てるとは知りませんでした!

どの演奏も、まったく同じにできてはいませんので、比較するのが適切とは言いがたいかもしれませんね。話半分で見てください。でも、確かに違いは出ましたね!

JLVは当て位置が決めにくいと思っていたので、当て位置が異なると測定結果がどうなるかも試しました。上から、凄く上、ちょい上、取説指定の位置、ちょい下、凄く下です。

JLVは取説指定の位置よりも下にすると、倍音が豊かになるという結果でした。
これはどう解釈したらいいのだろうか・・倍音がいっぱい出てるのが無条件で良いというわけではないですからね。「コントロールに慣れが必要でどの音域でもうるさい」と思った方が良いかも? だから、取説にあるような位置で止めるのが無難で、下にしすぎるとじゃじゃ馬になるよ、という理解をしました(^_^;

面白かったので機会があったらもう一度精密に測ってみます。

カテゴリー: 楽器関連の話題 | コメントする

アンサンブル発表会でした

こんにちは、文京ウインドです

昨日は、団内イベントのアンサンブル発表会でした!

日頃の練習の成果は発揮できたでしょうか(・_・?) 演奏会より緊張するかたもいたようですね

わがクラリネットパートは、4月に曲を決めてからなかなか予定が組めず、発表会前日練習と当日リハーサルのみで挑みましたw 練習量の割には、まずまずの仕上がりだったかな、、と思いましたよ(^_^;)

立派なプログラムもゆーりさんが作ってくれて、文京にとって大事なイベントになってきましたね

アンサンブルの練習期間中は通常の合奏練習の回数が極端に減るから、見学希望さんには待たせてしまうことになるのが、やや心配な感じでしたが、アンサンブルに参加してもらったりしてそのまま入団してくれたり、まあまあ上手くいっているようでした。お仕事の都合で今回で退団される、サックスのあかねさん、移動先でも楽器続けましょう!

ということで、文京は見学希望も通常どおり、いつでもウェルカムでございますので、お気軽にお問い合わせください。

次回演奏会の話題も、間もなく紹介できるように準備中です。なにやら、凄い企画が進行中ですよ(^_^)

カテゴリー: 演奏会情報 | コメントする

アンサンブル練習が佳境です!

文京WOの年中行事となりつつある
団内アンサンブル発表会まであと約半月。

それぞれのパートの練習進んでるかなぁ〜なんていいながら今日は打楽器練習でした!

パート内のアンサンブル力強化なるか〜!?

カテゴリー: 演奏会情報 | コメントする

電子ペーパー、しおり的な機能があるね

こんにちは、文京ウインドです

昨日、見たいとこをパッとひらけないもんかな、と言ってた しおり的な機能ですが、ありましたよ(*^o^)/\(^-^*)

開きたいページのどこかに、スタイラスペンで★か、アスタリスクのマークを手書きしておくと、検索できるようになる、という感じかな。手書きというのが面白いね!

だからクローゼの、スケールのページにマークをつけました。これで、100ページ以上あるPDFだけど一発で開けるわけだね。

あとは、見開き表示した状態で、どのようにめくりができるのか、試してみましたよ。

楽譜として使うなら、1、2ページを表示してる状態から、2、3ページの表示をしてほしいとこですが、通常では3、4ページが表示されちゃいますね。。まあ、そうでしょうね。。

しかし、別々のPDFを左右に見開き表示もできるので、楽譜PDFを2回ロードして、左に1ページ、右に2ページを表示しておいて、2本指でスワイプすると、期待した動作にはなるんです。ふむ。

だけど、2本指でやるのはしくじると、両方同じページになったりすることもあったので、オススメはできない(^_^;)

慣れてしまうのにコツが必要なので、そんな暇があるなら楽器練習しろよ!という感じかな

カテゴリー: 役に立つ情報 | コメントする

見せてもらおうか、電子ペーパーの実力とやらを!

こんばんは、自称文京1のモノ好きです

やっと試すチャンスが来ました

ソニーの電子ペーパー!

まずは楽譜をPDFにして、片っ端から入れていきます🎵

思った以上に、普通に紙だっ!

めくりの速さも、まあまあ許容範囲内だ!

拡大も、あり得ないくらいでかくできる!

クローゼ、アイヒラー、ローズ、など、紙だと持ち運びがしんどい量があっさりと全部入るし、書き込みまでできるのである!

見開き表示もできるぜ

これは、、なかなか、よいのではないか、、、?

しかし、見たいとこをパッと開くにはどいしたらいいのだろう(・_・?)

しおり、的なものはないのかしら

もう少し使い倒してみよう(*^o^)/\(^-^*)

これ、実は購入したわけではなくて、仕事で面談した会社が『お試しください!、一年間くらいどうぞ~』って置いていったやつなんだ。だからお言葉に甘えて試している次第でございます(^_^;)

早速、これと楽器だけ持って個人練習してきたけど、普通に使えました。

似たような製品で、GVIDOと言うのがありますね。山野楽器さんで扱っているようですが。あれは、2画面だそうです。

高すぎて売れてないだろう、と勝手に想像していますが、実際どうなんだろう?電子ペーパー、使ってみるといいかもしれないね

カテゴリー: 役に立つ情報 | コメントする

アリエッタ交響楽団

こんにちは、文京ウインドです

今日は、アリエッタ交響楽団の演奏会に行ってきました

実は、第九を生演奏で全部聴くのが初めてだったのですが、グイグイひきこまれて最後まで起きていました!(^_^;)

ソリストのうち3名は、以前 ラ・ボエームをお手伝いしたときの方々でしたね、相変わらずの美声に、魅了されました(*^o^)/\(^-^*)

クラリネットのI崎さん、おつかれさまでした~

アンケートの聴きたい曲欄に、

伊福部昭が聴きたいです!

と書いてきましたよw

シンフォニア・カプターラとかね。。

どこかやってくれい

カテゴリー: 未分類 | コメントする

見学希望さんへ

こんにちは、文京ウインドです

文京は6月に行うアンサンブル発表会のため、合奏練習の回数が減っている

状況が5月末まで続きますが、見学希望は通常通り受付しております。アンサンブル練習の見学もパートによって可能な場合がありますので、遠慮なくお問い合わせください。ちなみに、クラリネットパートはアンサンブル練習の見学もwelcomeでこざいます(*^o^)/\(^-^*)

日曜日はクラリネットパートであつまり、演奏する曲を決めました。いろんな曲が試せて楽しかったですよ(^_^)

カテゴリー: 未分類 | コメントする

ベースクラリネット吹き比べ

こんばんは、文京ウインドです

6月にまた、団内でアンサンブル発表会があります。クラリネットパートは今度の日曜日に曲決めで集まりますので、しばらく使っていなかったベースクラリネットをコッソリと練習しました!

さて帰るか、、と思ったら先生がベースクラリネットをおさらいしていました(^_^;)

この音楽教室にベースクラリネットが二本揃うのは奇跡ですw

先生はクランポン使いで、セルマーを吹いたことがないらしいので私のを試してもらいました。そしたら、当たり前ですが、凄くいい音でした。。これが、実力差ですか。。管が細くて扱いやすい!とおっしゃっておりました。そうなのか。。

クランポンのベースクラリネットは丸くて上品な音で、とてもいいですね。

でも先生が鳴らしているセルマーは、もっと良かったように感じました。この違いはなんだろう? 軽快なのかな?

カテゴリー: 未分類 | コメントする

いいの見つけた

こんばんは、文京ウインドです

図書館の子供コーナーの隅でみつけたこの本、すごくいいです!

全ページがカラー印刷で、説明がまあまあ丁寧で、親しみやすい楽典という感じかな?

返したくないのですがそういうわけにはいきませんので、買うことにした!

カテゴリー: 役に立つ情報 | コメントする