文明堂だ!

こんばんは、文京ウインドです

今日はマエストロの合奏日なのに、なんとお仕事で長崎にいます。。(^_^;)

長崎駅前に、カステラで有名な文明堂の本店がありましたので、カステラ買いました(*^o^)/\(^-^*)

徒歩数分のとこに港もありました。旅行でこれたら楽しそうなところですね。

この港に、海鮮市場 長崎港という居酒屋があり、焼き魚定食をいただきました。うまうま。以上、現場からお伝えしました!

カテゴリー: 未分類 | コメントする

オルガンいいね~

こんばんは、文京ウインドです

芸術劇場でオルガン聴いてきましたよ

付帯設備料いくらなんだろ?とか

なかはどうなっているのだろう?とか

いろいろ興味深いですね

文京シビックホールほどではありませんが、残響が長いホールだからか、終始モヤモヤしてたのがちょっと残念でした

オケも、三階席にいたからかもですが、側鳴り気味だったかな

また機会がありましたら再訪してみます(^_^)

カテゴリー: 演奏会情報 | コメントする

アマチュア楽器奏者に福音をもたらす、凄い本だ

こんばんは、文京ウインドです

音楽教室でのレッスン帰りは大抵、小石川図書館に立ち寄ります。今日は、見た瞬間に

う、これは。。。?

と思った本を借りてきました(^_^)

これ、必ず役に立つやつだ、たぶん。

これから読むんだけどなw

カテゴリー: 役に立つ情報 | コメントする

演奏会のご案内

こんばんは、文京ウインドです

今日はベースクラリネットの練習代奏をしてきました。チラシをいただいたのでご案内いたします。

聴きに行ってみようと思います(*^o^)/\(^-^*)

プーランクのstabat materは知らない曲でしたが、宗教的な内容の曲にしてはずいぶんとお洒落な響きで、お気に入りになりました。いい発見になりました。混声合唱がとても上手かったです。相当練習されているのでしょうね。ソリストのソプラノも素敵でした。。

オルガン付きは、説明は不要ですね

芸術劇場のオルガンを聴くのが初めてなので、楽しみです♪

カテゴリー: 演奏会情報 | コメントする

箱根日帰り

こんばんは、文京ウインドです

きょうは、箱根の日帰り温泉に行ってきました(*^o^)/\(^-^*)

昼食に立ち寄った蕎麦屋さんで、クラリネットのケースを持ったカップルをお見かけしたのですが、このあたりに合宿とかができる場所があるのでしょうか?

温泉があるとこで楽器が練習できるなら、最高だな!と思います♪

カテゴリー: 未分類 | コメントする

midi接続できた

こんばんは、自称文京1の物好きです

MIDIインターフェースの UM-one mk2というのを買ってみました。
Macにつないでみたらちゃんと認識してくれましたが、音源(SC-88pro)につないでも音が出ないので2日ほど悩みましたが、、、

音源のMIDI-INに、写真下の”MIDI OUT”を接続していたのです。
でもこれ、よく見ると”CONNECT TO MIDI OUT”と書いてあったんですね。。

MIDI OUTだけ見て、「これが出力だな!だからINにつなぐわけね!」と早とちりして音源のMIDI INに接続していました。。キーボードのMIDI OUTにつなぐやつだったのね。

そして、Finale(ver25.5)を起動してみたら、こんどは何かの処理が悪さしているようで強制終了ばっかりするんです。どうもMIDIプレイバックと相性が悪いです。そのうち修正はいると思いますけどね。

そんなわけで使えないので、Studio ONE PrimeというフリーのDAWを試しました。これは、キチンと鳴ります!やったぜ

だけど、、、あれれ。。

システムエクスクルーシブはどうやって送るんだろう?コントロールチェンジやNRPRはそれ用のコマンドがあるのに、エクスクルーシブを送るための機能が見当たらないのです。

それができないと、SC-88proにGSリセットや、SC-88proが名機たるゆえんである、インサーションエフェクトの設定も送信できないんだよね。。もうすこし探してみるか。

昔の、PC98とレコンポーザがどんだけ扱いやすかったかが身に染みる
今どき、ハードウェアmidi音源をガチで使おうというのが時代錯誤なんですけどね。。

レコンポーザのステップ入力はすごくデータ入力がはかどったけど、
ピアノロールでの打ち込みも、慣れると便利そうでいいですね

カテゴリー: 未分類 | コメントする

High Sierra(mac OS X 10.13)で動くmidiインターフェースはどれだ?

Finaleのプレイバック用にハードウェアmidi音源を接続したいのだけど、midiインターフェースのUA-2EXが新しいOSに対応していなかった。。

買い換えかーと思ってさがしたこれは、10.13に対応してるらしいが(・_・?)

Midi outが1個しかないのがちょっとなーって感じですが、、、安くていいのご存知なかた、いませんかw

カテゴリー: 楽器関連の話題 | コメントする

Tubaのエチュードで練習するんだ!

こんばんは、文京ウインドです

ヘ音記号を読む方法を自分なりに決めたところで、実際に楽器で練習するのになにかエチュードないかしら・・と IMSLPで検索してヒットしたのが、”VLASDISLAV BLAZHEVICH” さんの “70 stadies vol.1” というものでした。B♭管 Tuba用のエチュードですので、ちょうどいい感じです。 Tuba吹きさんはよくご存知なのでしょうか?

ついでじゃないけど、名前からロシアの人かな?とちょっと興味がわいたので調べてみると、6歳で母親が亡くなり、父親が政治犯で収容されてしまって孤児になり、父親方の親戚に引き取られたという、いきなり波乱万丈な人生を歩まれたお方でした。12歳で軍楽隊に入りユーフォニアムやトロンボーンなどを演奏しながら音楽を学び、大学で作曲、編曲を教えるようになった、立派な方だったようですね

Tuba吹きでもない素人が、ヘ音記号に慣れるためだけに使おうとしているのが申し訳ない・・と思ってしまった(^_^;;;;

ほんとスイマセン

 

カテゴリー: 楽器関連の話題 | コメントする

ヘ音記号はこう読む(ことにした)。

こんばんは、文京ウインドです

ヘ音記号の楽譜にどうしよう・・といろいろ考えました。

(1) 楽譜を書き換える→めんどくさい(今後もそれで行くのか?)
(2) 楽譜に音名を追記する→解決になってない(スキルアップにもならない)

がんばって読めるようにしよう!ということで「ここがド」、「ここがミ」・・みたいにしばらく無理やり覚えようとしたけど、実際の楽譜を見ると戸惑います。これは向いてない覚え方のようだ。

そこで、ヘ音記号は最初からなかった。と考えることにした。ヘ音記号が書かれた譜表は単なる加線だったのだ、ということになる。

つまり、記譜の黒い音符に対して、このように赤い音符の位置と思って読むことで、読み慣れたト音記号読みでそのままいけるということにした\(^o^)/

バツがついてる線は「そんなもんは最初からなかった!」で無視、赤い加線は頭の中で書き足す線。これで、ト音記号読みで行ける!

実際、これならスラスラ読めるので問題ないみたいだ。出すべき音は記譜よりもオクターブ低くしなくてはいけないのが注意すべきとこですね

あとこれは、「ヘ音記号の楽譜が in B♭で書かれている場合」に使える読み方ですね。

ピアノの左手の楽譜の場合は2度上に書いてあると思って読んで、調性でシャープが2個追加されたと思いつつ、オクターブ下げて鳴らすんだね。 これは必要になったら練習すればいいか・・。

カテゴリー: 役に立つ情報 | コメントする

涼しくなる話 vol.2

とある管弦楽団に所属されている同じ門下生の方から、バスクラの練習代奏を依頼されたので気軽にokしたのですが、送られてきた楽譜を見て冷や汗が。。。

ヘ音記号だった。。。( ̄▽ ̄;)

Stabat mater は合唱合わせがある大事な練習らしいのです。

やべー

超やべー

ヘ音記号読めるように特訓か。。。

アンサンブルでも、ヘ音記号で書かれている楽譜を見かけることがあるしね

例えば、ヒケティックの3つのダンスなんかがそうですね。でもあの曲、今はシレっとト音記号で書かれた楽譜で売られているんですよね。。

カテゴリー: 楽器関連の話題 | コメントする