申し訳ないことした。。

こんにちは、文京ウインドです。

メンバー様のオリジナル作品で、クラリネットの私が辛そうに高音を出しているのを見かねてくれたのか、今週は楽譜がアップデートされておりました(^_^;)

高音と言っても、5線の上、加線4のEなのですが 上手い人なら問題なく普通に出せる音です。

私の使うリードが2.5と、極端に柔らかいので、硬くすれば出るだろ、と思い、実はこんな秘密ツールを準備しておりました。

バンドレンのリードトリマ〜

これでレジェールのリードの先端を切ればいいや〜とニヤニヤしていたのですが、作曲者のご対応が迅速でありました。

しかしながら、クリエイターに余計な心配をさせてしまい、大切な作品に妥協をさせてしまったことは反省すべきことでした。申し訳ない。。

練習メニューに高音を入れなくてはな、と思いました。謙虚さが足りなかった

カテゴリー: 楽器関連の話題 | コメントする

いろいろ活動中です

ご無沙汰しておりました、文京ウインドです。週に一度の練習が再開されてから、新メンバーをお迎えしつつ、ゆる〜く活動中です。

今、練習している作品はなんと、メンバー様のオリジナル作品です。こんな身近に作曲家がいたんかーい!と思いましたよ?

リード作品チクルスも継続しています。2009年から開始して2020年だけコロナ中止をはさみ、2021年まで取り組んで参りました。残りのリード作品数はあと演奏会数回分でしょうか。

さて、この後の情報は 文京ウインドには関係がありません。

私がお世話になっている、茗荷谷にある小さな音楽教室は、生徒はいつでも空いているレッスン室を利用できます。先日も曲をさらいに利用したあと、受付に映画のフライヤーがあることに気がつきました

教室の社長始め生徒さんも何名かエキストラ出演しており、バイオリンの先生が演奏指導をしたそうです。凄いな!

公式サイトによると、運営の危機に陥った楽団が。。。という、既視感がある内容です。古い順番でいくつか挙げると、オーケストラの少女、ブラス!、スイングガールズ、あたりでしょうか。ブラス!には若い頃のユアン・マクレガーが出ていました。スターウォーズのファントム・メナスからオビ・ワン役の、今や大スターですね。脱線しましたが、この映画はたぶん、我々は楽しめるはず。

最近、映画が豊作で、私は シン・ウルトラマン、トップガンマーベリック、ククルスドアンの島を見たところです。いつも東宝シネマ上野を利用しているのですが、ご紹介した 太陽とボレロ は上映スケジュールに無いのでまだ見ていないのですよー

カテゴリー: 役に立つ情報 | コメントする

練習再開しました

こんばんは、文京ウインドです。

東京都の蔓延防止措置が終わりましたので、練習再開いたしました(^^)

参加人数も まだそれほど多くないので、密にはなりません。

田中祥一先生のオリジナル作品の音出しをしました。まだ何曲かあるとのこと、次回が楽しみです

うちの近所にある播磨坂は桜が咲いていました。

カテゴリー: 練習内容報告 | コメントする

いつもの

こんばんは、文京ウインドオーケストラです。

演奏会も終わり、録音も一通りチェックしたあとは、いつもの・・

ビデオ編集ですな!

Macの iMovie は扱いが簡単で、とてもいいですぞ

本編の演奏会パートはすでに編集終わってます。そちらは、Windows PCに入ってる ペガシスの TMPGEnc Authoring Works 6 を使っています。けっこう長年、使ってますね。長編の動画のエンコードは、うちの場合 Windows PCのほうが処理が早いのです

本編を再生する前に、タイトル的なものをつけることにしていますので、それを Mac の iMovie を使って作ります。映画の予告編のようなテンプレートがあって、テキストを設定して、画像と動画をセットしておけば勝手にカッコよく仕上げてくれるという、優れものです。

Windowsのアプリでこういう作業が手軽にできるものを、私は知りません。あるのかもしれませんが。。それと、本編が終わったあとはスタッフロールも流すことにしています。出演者とステージ運営に関わっていただいた全てのスタッフのお名前を入れます。この映像は黒バックに単色の文字を使ったシンプルな作りにします。スタッフ紹介が目的なので余計な装飾をあえて入れずにおきます。しかしながらそれだけだと若干つまらないので、STAR WARSのオープニングのような、テキストが画面奥に引っ込んでいくように流れていくエフェクトだけを使います。 iMovie にはこの処理のためのタイトルのテンプレートも完備されています。

さらに、カメラマンに撮影していただいた高画質な写真をふんだんに使った、アルバム的なオマケも作ります。例年、打ち上げでの仲田先生のスピーチも収録するのですが、今回はZOOMでしたので、特に録画はしておりません。

と、こんな感じで Macの処理能力に完全に依存した非常にお手軽な作りなので、実はすごいテクニックを駆使しているわけでもございませんが、よくゴイスー!と言われます。

カテゴリー: 役に立つ情報, 演奏会情報 | コメントする

ご来場ありがとうございました

こんばんは、文京ウインドオーケストラです。

可能な限りの感染対策などいたしまして、どうにか演奏会をやることができました。

いろいろな制限下でも工夫してなんとかしよう、という試みは幸いなことに、うまくいきました(^.^)

仲田先生の吹き振りあり、先生のお嬢様のハープ演奏もありで、ゴージャスなプログラムでしたね。。

ラッパのS井さんのスナップを無断で拝借
カテゴリー: 演奏会情報 | 3件のコメント

1/23 サンパール荒川です

こんばんは、文京ウインドです

1/23 演奏会です。ご来場お待ちしております!

詳しくは、メニューの『演奏会』をご覧ください。

さて、今年の共通テストの問題が公開されましたね。。数学1をやってみましたが、難易度が高いみたいですね。例年よりも、問題を使い回す感じなので、最初で躓くとヤバそうでした(⌒-⌒; )

物理の、コイルにマグネットを通したときの起電力に関するやつ、実験したことがない生徒はわかりにくかったんじゃないかな。。円盤と重りの力学は、モーメントの釣り合いの式を立てるときに悩みそうなやつです。私も、パッと見、わからなかったし。

カテゴリー: 演奏会情報 | コメントする

GPでした

こんばんは、文京ウインドです。

演奏会1週間前になりまして、本日はGPでした。東京のコロナ新規感染は4000越え。無事に開催できるといいですな。。

練習の合間に、トンガ王国の海域で発生した大噴火のニュースで気になっていた、VEI指数という用語について、理科年表に記載があるのを発見。

ボルケーノ・イクスプロージョン・インデックス

火山爆発指数

噴火の規模を噴出物の量に応じて区分する指標だそうです。

国立天文台が毎年発行している、理科年表は1家に一冊、常備しておきましょう。(^。^) あー、マグネシウムの電気陰性度はいくつだっけな?みたいなときに便利ですな

吹奏楽の練習には全く役に立ちませんが

練習に全集中しないとな。。
カテゴリー: 演奏会情報 | コメントする

集中練習でした

文京ウインドです。

本日と昨日は湯島アカデミーにて集中練習でした。1/23日曜日の演奏会に向けてラストスパートに入ったところです。例年、この時期は岩井海岸で合宿だったのですが、今回はなしです。しかし何故か、合宿のときより疲れがあります。なぜだろうか?

たぶん、各パートのピッチの修正に時間をかけることが厳しかったので、結果的に演奏している時間が長かったのだろうと思いました。。

さて、今回の演奏会はあまり予算をかけずに行こうか、ということで、チケットとチラシ作成はなしになりました。そのかわり、いまのご時世を鑑み、来場者様の連絡先をカードに書いていただくだけになりました。もしコロナが発生した場合の、濃厚接触疑いの確認をするためです。個人情報は適切に管理いたします。

このカードの裏面にご記入いただきます。

皆様のご来場をお待ちしております(^-^)

カテゴリー: 演奏会情報 | コメントする

名古屋アカデミックウインズさんのCD

こんにちは、文京ウインドです。

先週の練習のときに、仲田先生が良かったらどぞーと置いていってくださった、このCD

1枚買い求め、在宅勤務ちうの今、聴き惚れちゃって仕事にならないですな!

ピアソラのオーボエ協奏曲的な作品は、知りませんでしたね。。仕事になりませなんだな!

最後にエルカミノレアルまで収録していやがる。。

仕事しながら聴いてはいけないやつでしたな!

アルゼンチンの街角だろうか?
カテゴリー: 役に立つ情報 | コメントする

練習再開しています

こんばんは、文京ウインドです。
緊急事態宣言が終了し、ようやく練習が再開できるようになりました。
練習参加を自粛しているメンバがまだいますので、少人数での練習をしています。

年明けの1/23(月)に、サンパール荒川にて小規模なリベンジ演奏会を行うべく、少人数でも演奏できる選曲はないかしら・・と再検討をしているところです。ブランクが長くなりましたのでリハビリ状態でありますな(^_^; 11/4の練習では久々に楽器を吹いて口が痛くなりました。

吹奏楽関連での最近の話題といえば。。東京佼成ウインドオーケストラが11/1に「一般社団法人化のお知らせ」を発行し、2022年4月1日から教団から独立して事業展開を開始するようですね。

カテゴリー: 未分類 | コメントする