小型スピーカー改良

こんばんは、文京ウインドです

この前作成した10Wパワーアンプは、楽団では物足りない性能でした。

もっと大出力のパワーアンプを作らねば!

そこで見つけたのがコレです

FX-501J、5000円くらい

秋葉原のコイズミ無線さんで購入した、なんとこのサイズで最大100W出力のパワーアンプです!

スピーカーが50Wなので、100Wで駆動したらスピーカーのボイスコイルが焼けてしまいます。だから、電源を30W程度のモノに限定して使います。DC24V、1.5AくらいのACアダプターで良いはずです。

自宅で試したらメチャクチャ煩いです🤣

このアンプはD級という種類の、いわゆるBTL出力になっていて、パワーオペアンプを2個使ってスピーカーを駆動する事で出力が通常の4倍ほど期待できます。この回路を自作するのも可能ですが、最終段のオフセット調整が少々厄介です。これをしくじると音が出ていないのにスピーカーが燃えてしまいます。なので自作するなら素直に専用ICを使うのが良いと思います。

中身は高級な部品を使っているらしいのですが、さすがにスイッチング電源方式のACアダプターだと大音量にするとノイズが出てきます。これを解決したい場合はトランスとシリーズレギュレータで電源を作らなくてはなりませんが、重たくなりますし、そこまでこだわる用途ではないから、これでいいのでしょう。

このアンプの入力は2chですが、中でミックスされるようです。だからマイクアンプと、ハモディレを同時に接続できますね。

はやく試したい。。

カテゴリー: 音楽以外 | コメントする

楽団練習に使える小型スピーカー

こんばんは、文京ウインドです

楽団の練習で、時々クリック音を使うことがあります。そんな時用に持っているのがこれ。

充電式で、小型軽量のbluetoothスピーカーです

小型な割に低音がよく出ます。確か、パッシブラジエーターで低音を補う構造だったかと思います。

しかしながら、少人数ならいいけど楽団だと聴こえないのが残念です。。一応、大出力のパワーアンプもあるのですがデカすぎて運ぶのが大変です😅

そこで、これはどうだろうか?と思い作ってみました。

作ってみたのは上の白い箱で、中には10Wのパワーアンプ基板が入っています。

下のスピーカーは我家に20年くらい使わないまま放置されていた古いやつで、OS-M100という型式がついていました。エンクロージャが木ではなく大理石になっていて、このサイズの癖に重さが3kgもあります。

バスレフでもパッシブラジエーターでもない、いわゆる密閉式2ウェイで、背面に小さな穴が空いています。おそらく、スピーカーコーンの背面に生じる空気圧開放用でしょう。

このサイズの癖になんと50Wと書いてあります。嘘だろ!と思いました😅

ですがまあ信用して、アンプ回路は10Wにしました。。これ以上パワフルにすると基板がデカくなってしまいますから。

ちなみに基板はこれを使いました

秋葉原の秋月電子さんで、800円です

あとはスイッチ付きボリュームと24V電源とフォンジャックコネクタなどを組み合わせて完成です。

メトロノームを接続してみたり

TR08をつないだり、LINEアウトがある機器ならだいたい使えます

音量もまずまずで、コレなら使えるかもしれませんし、楽譜収納用のロッカーに入るので必要なときにすぐに出せます!

入力をミキサー回路にすればマイク音声も対応できたのですが、高いコンデンサマイクなら48Vファントム電源が必要だったりするし、安いのでしたら5V電源が必要になるし、ダイナミックマイクなら電源回路を切り離す必要があるからめんどくさいしコストがかかるからやめました😀

ところで、このスピーカー、実は設計者をよく知っていまして。あの方らしいな。。と懐かしく思いました。


追記

合奏でバリデーションしたところ、10W程度では全然パワーが足りないことがわかりました。。

残念。。

カテゴリー: 音楽 | コメントする

光る君へ、を見ていたら

こんにちは、文京ウインドです

大河ドラマをぼんやり見ていたら。。

フリーレン様?

なんでもできる方なのですね

大河の曲、なんとなくラフマニノフっぽい感じがして素敵と思います。

カテゴリー: 音楽以外 | コメントする

QUADERNOリモート操作にTRY

こんばんは、文京ウインドです

以前に一度挫折した、QUADERNOのページめくりを無線でやりたい件、少し進展しました。

bluetoothモジュールが古すぎてBLEで操作できないじゃないかーで止まっていました。

たぶん5年くらい前に買って持っていたコレがどうやら使えそうです。bluetooth 2.0の骨董品

マイクロチップテクノロジーの RN-42 です

まずは、PCとUSBでシリアル接続をしてなんやかんや設定をします。

QUADERNOが認識しました!

あとはPCからターミナル経由で操作をすれば。。と期待しましたが、何故かうまくいきませんでした🥲

PCから操作ができるのを確認できたら、あとはPCを小さなマイコンなどに置き換えて、2個のスイッチをつけて、スイッチが押されたらRN-42にシリアル通信でコマンドを発行すれば良いのですが、、

まあ、認識してくれれば何とかなりそう。かなり前進したと思うことにして、

また次回に続きをやりましょう。。

カテゴリー: 音楽以外 | コメントする

マウスピース特性表 UPDATE(スケール調整版)

こんばんは、文京ウインドです

マウスピース特性表、実際のスケールで見たほうがより役に立ちそうに思いましたのでマッピングし直してみました。

散布図で表現するとマウスピースの名称が重なってしまうので小さい文字で見にくいですが、より特性の違いがはっきりと出ます。 こうすると7JBがいかに特殊なものかがよくわかりますね

今日は練習で、色々試しまして、セルマーのConceptがかなりいい感じに思えました。

B40あたり(赤丸)から紫ルートのMPです。この近辺のEchoやFocusも期待できるかもしれません。赤丸から平行に、左右の領域のMPは今一つに感じました。こうなると、残りはやはり 5RV系になります!

自分はMPを深く咥える傾向があるようなのでConceptが割と良かったですが、5RVが真逆の方向(緑ルート)になります。もうイチかバチか、でトライしてみることにしましょう・・

カテゴリー: 音楽 | コメントする

マウスピース特性表

こんばんは、文京ウインドです

クラリネットのマウスピースをいろいろ試そうかなと考えておりまして

そういえば、各メーカーのMP(マウスピース)の特性を一覧にしたものって見たことないなと思い、とりあえず自分用にまとめてみました。

黒字がヴァンドレン、青がセルマー、赤がビュッフェ・クランポンだったかな?

普段好んで使っているのがB40のあたりですが、最近口元が衰えてきたのかなと感じて楽に吹けるものはないだろうか・・と探しています。

思い切って 昔に使っていた5RV はどうだろうか? と思い、師匠に選定をお願いしました。

こうして表にしてみると5RVはB40からかなり距離があるので違和感ありまくりかもしれませんね・・。

カテゴリー: 音楽 | コメントする

Metronome Watch!!

こんばんは、文京ウインドです

久々の衝動買い。

こんな時計があったのでつい買ってしまった

メトロノーム機能と、基準音機能がついてます!

長針が振り子のように揺れて可愛らしい🥰

https://mirai-sougaku.jp/?syclid=4592d408-48f2-4281-b39c-6df5d973293c

ここで買えます

使い道は、これから考える。。

カテゴリー: 音楽 | 1件のコメント

桜の名所

こんばんは、文京ウインドです

各地の桜の名所でBWOコンセプトカーの撮影

先週の土曜はまだ、播磨坂の桜は咲いていませんでした

今はどうなのでしょうね?

カテゴリー: 音楽以外 | コメントする

レコンポーザを発掘

こんばんは、文京ウインドです

古いDVD-RAMを見つけて、何が入っているんだろうと見てみましたところ、

なんと、レコンポーザ for Windows98 Lite が入っておりました!
これは、MS-DOSの時代に流行していたソフトウェアMIDIシーケンサーのWindows版です。

Windows11だけどもダメ元で試してみたら普通に起動したので驚きます。

USB接続のMIDIインターフェースである UM-2EX (EDIROLL社)を介して MIDI音源のSC-88pro につなぐと、ちゃんと音が出ました!

ただし、完全な動作ではないようで、楽譜ウインドウに音符が出ません。楽譜フォントの設定ができればうまくいくかもしれませんが。。まあ、このソフトは数値入力が主なので音符が出なくても支障はありません。

MIDI音源の音色マップも失われていて、楽器リストが不完全なのも残念です。こちらも、MIDIインプリメンテーションリストを見ながらであれば音色はわかるので、なくてもOKではあります。

それと、ロードできるファイルが .G36 だけのようです。.MID の標準的なMIDIファイルを読み込んでくれないのが少々残念です。FORMAT0のMIDなら読み込むかもしれませんけど、試していません。仮にロードできてもFORMAT0 だとすべての音がトラック1に入ってしまうので編集作業が地獄になりますね・・

もうひとつ出てきた面白いものは

ボーランド社の、初代C++Builder です。
MS-DOS時代からWindowsに移行してから、暫くの間使っていたものですね。
試してないけど、たぶんBUILDもできるのでしょうね。

カテゴリー: 音楽 | コメントする

DVD-RAMが発掘された!

こんばんは、文京ウインドです

なんと、昔使ってたらしいDVD-RAMが出てきました

20年くらい前の代物でしょうか?

2004年PCG-C1XEバックアップと書かれたものもありまして、そういえば昔、SONYのVAIOを持っていたことも思い出しました。果たして、何が入っているのでしょうか。。(^_^;)

2004年は、巨匠フレデリック・フェネルが亡くなった年ですね。文京では19回演奏会の練習をしていた時期です。

DVD-RAMはカートリッジに入っているのでそのままではダメですが、分解してディスクを取り出してしまえばなんとかなります。幸い、スーパードライブを持っていますので中を見ることができます。

パイオニアの BDR-XD07W

昔はパナソニック製のドライブしか対応できなかったのです。DVD-RAMはパナソニックが開発したものと記憶していますが、合ってますかね?

タイムカプセルを触っている気分になります😊

カテゴリー: 音楽以外 | コメントする