12月2日と6日の練習記録をアップします

みんなのおしりに火がついて青白い炎が見えるようになりました。(中には全開の人もいますが・・・)

12月2日日曜日は田中先生の練習で、ジュビラント序曲、序曲インペラトリクス、クイーンストン序曲の3曲を指導していただきました。
土日の練習は月に1回程度スケジュールされますが、平日には仕事で練習に来にくい人も来られるのと、個人練習でみっちりと曲をさらいたい人に向いています。2日は19人の参加がありました。

6日は仲田先生の指導でこちらも19人の参加がありました。エルサレムとジュビラント序曲をしっかりと指導していただきました。

練習の順番は、演奏会の曲順に回して行くのを基本としているので、仲田先生のサイクルと田中先生のサイクルが重なると、同じ曲を連続して練習することがあります。
自分の出来を良くするためには、良いなと個人的には思っています。

ところで、今回の演奏曲目に何故序曲が多いのかって?
ご存知の様に、アルフレッド・リードの作曲には演奏会用の序曲が多く、全曲制覇を目指す文京ウインドとしては、この辺で序曲特集を組んでおきたいということで、今回のプログラムでは、5曲の序曲をとりあげています。
どの曲も素晴らしい曲が多くて、演奏していても楽しくなる曲ばかりです。曲想やバランスを考えて演奏会の曲順が考慮されていますので、来年1月27日の本番には是非足を運んでいただき、名曲揃いのプログラムをお楽しみください。

カテゴリー: 練習内容報告 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。