有効な練習をしたい。

本日の練習は、メンバの日頃の積み重ねがあまり発揮されていなかったようで、基本的な確認に時間が費やされてしまった感がありました。
しかし、この積み重ねはある意味、実はよく発揮されているのです…

…「下手になる練習の積み重ね」が、です!(^_^;

私はいつも、下手になる練習は1秒たりともしたくないと考えていますが、これの回避はかなり難しいのです。いつも、「しまった、こんな練習していったいどこで使うんだ!」と反省していますよ(;_;)

こんな私ですが、
「これは下手になる練習でしかない」と断言できる練習方法をいくつか紹介します。
(1)なにも考えずにただロングトーンをするだけ
(2)複雑で早いパッセージを不足した息で一生懸命さらう
(3)旋律を棒吹きでさらう(ワレワレハウチュウジン…みたいな)
(4)常に張り詰めた音で弾く(常に弱い音で弾く)

とりあえずは、ここに挙げたことをしないようにすれば、ちょっとは有効な練習になると思います。

 

カテゴリー: 役に立つ情報 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。